本文へスキップ

一般財団法人 安全衛生普及センターは社労士・衛生管理者等の資格取得をサポートします。(内閣府認可)

TEL. 03-5979-9750

潜水士

潜水士とは

海(水)中等での事故を未然に防ぐことを狙いとした、労働安全衛生法第75条及び高気圧作業安全衛生規則第52〜55条を根拠として実施される国家資格を持ち、水中の作業に従事する者です。 潜水士は、労働安全衛生法第75条、高気圧作業安全衛生規則第52条に基づき、潜水士免許試験に合格した者に対し、都道府県労働局長が免許を付与する国家資格です。
潜水士免許試験は年に6回(2018年4月・6月・7月・10月・12月・2019年2月)に実施されます。
資格取得までの流れ
潜水士の免許を取得するには、(公財)安全衛生技術試験協会の行う国家試験に合格する必要があります。
試験2週間前までに
各自で受験申し込み
→ 潜水士国家試験を受験 → 試験に合格!
《資格取得》
※筆記試験のみで取得できます(実技試験なし)
※健康な方なら、どなたでも取得が可能です
資格活用
潜水士の資格は、以下の職業やレジャー等に有効活用することができます。
  • 消防士
  • 警察官
  • 水産漁協組合
  • 海上保安庁
  • 海洋レジャー(マリンスポーツ)
  • サルベージ・浚渫土木工事
  • 水産、商船大学・高校関係者
  • その他、潜水関連業務に従事する方々
試験制度
受験資格 学歴、経験を問わず、満18歳以上の心身の健康な方
試験科目
  • (1)潜水業務
  • (2)送気、潜降及び浮上
  • (3)高気圧障害
  • (4)関係法令
試験時間 1科目につき1時間、合計4時間
試験時期 4月、6月、7月、10月、12月および2月の年6回(2018年度)
出題形式 五肢択一式のマークシート方式
合格基準 各科目につき4割以上の得点があり、かつ、全科目の総合得点が6割以上
合格率 82.8%(2017年度)
受験の手続き
受験申請 別途受験者ご自身で手続きを行ってください。
受験願書 全国7ブロックの安全衛生技術センターのうち、受験を希望するところへご提出ください。
●郵送の場合 → 試験日の2週間前まで
●安全衛生技術センターへの直接持参 → 2日前まで
講習会
(一財)安全衛生普及センターでは、国家試験合格を目指すための講習会を年に3〜4回開催しています。
受講期間 2日間
※詳しくは、「受験準備講習会のご案内」をご参照ください。


当センターの「潜水士講習会」は、以下でも紹介されております。
「稼げる資格」
2014年下半期版

(2014/9/11発売)
「稼げる資格」2014年上半期版
資料請求はこちら ⇒ 資料請求

ナビゲーション

  • 社会保険労務士
  • 衛生管理者
  • (安全)衛生推進者
  • 潜水士
  • ゴンドラ